デイテツク でいてつく
柴犬 亜門 あもさん
blog ぶろぐ
しばいぬ しばけん あもん

大阪の桜の名所 万博記念公園

2019.4/30 記事No.65

万博記念公園は大阪府郊外の吹田市にあるため普段通ることもあまりないですが、所用で前を通った際に天気が良かったので少し立ち寄ってみました。
「さくら名所100選」には入ってないものの大阪の桜の名所です。

万博記念公園の案内板です。

万博記念公園の案内板

駐車場前の日本庭園前ゲートでチケットを買って入場です。入場料は250円です。

万博記念公園の券売機

とりあえず日本庭園を見にゲートから右方向の北へ進みますが、振り返れば桜と太陽の塔です。
太陽の塔は万博記念公園のどこにいても常に意識してしまう存在です。

日本庭園前ゲートから見た桜と太陽の塔

最初に買った250円のチケットを見せて日本庭園正門を入場します。
最初に買ったチケットは万博公園内で度々必要なので捨てないようにご注意ください。

万博記念公園 日本庭園正門

日本庭園正門の前にある中央休憩所から見た景色です。果てが見えない広大な日本庭園です。

万博記念公園 中央休憩所から見た日本庭園正門 万博記念公園 中央休憩所から見た日本庭園正門

今度は南下して太陽の塔の背中へ到着です。

太陽の塔と桜

太陽の塔の後ろとお祭り広場の間は桜並木になっています。

桜と被せているため実際より小さく見えるかもですが、間近で見ると70mの巨大な建造物です。

太陽の塔と桜 太陽の塔と桜 万博記念公園 太陽の塔の正面

正面の真下から太陽の塔を見上げるとこんな感じです。

正面の真下から見上げた太陽の塔

国立民族学博物館の西側にある「桜の流れ」です。

万博記念公園 桜の流れ

「チューリップの花壇」から見た太陽の塔です。

チューリップの花壇から見た太陽の塔

桜と大屋根と太陽の塔の背中です。
半世紀前のノスタルジーを感じます。

桜と大屋根と太陽の塔の背中 万博記念公園

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

2019年 桜名所巡り

更新日

ディテック株式会社 公式ウェブサイト
ディテックブログ 英語サイト
人気ブログランキング 製造業
人気ブログランキング 大阪府